2017/10/11:交通カメラ
2016/11/23:車両の所有証明書
2016/11/07:新しい交通標識
2016/10/30:バイク販売店
2015/11/08:バイクロードレスキューサービス JBR 追加
2015/6/20:バイク保険 HONDA PLUS 追加
2014/3/27:HONDA RSX FI 追加
2014/3:08:バイク購入 追記
2014/2/07:YAMAHA 新バージョン5機種
2014/1/24:HONDA 新型PCX 追加
2014/1/21:Angela50と Elegant50 追加
2013/12/15:ハーレーダビッドソンのショールーム
2013/11/13:外国人のバイク登録 更新
2013/9/30:テラモーターズ 追加
2013/8/06:SUZUKI VIVA 115 FI 追加
2013/6/11:HONDA Sh mode 追加


車のページ

【よむベトナムトレンド】バイク産業 輸出中心へ転換視野 (1/2ページ) - SankeiBiz(サンケイビズ)2014/4/09


交通カメラ
(2017/10)
 横行する交通違反摘発のために道路には交通カメラが設置されています。警官がいないからと信号無視すると後で罰金を払うように通知がきます。実は私も数年前にホーチミン市のTran Hung Dao通りでやられたことがあり、Nguyen Khac Nhu通りの警察署交通課に罰金を払いに行ったことがあります。
 最近だと違反を見つけた後、車・バイクの所有者に警察署に来て確認、サインするように召喚状が送られてきます。当局は7日に1回まとめて送るそうです。来ない場合は計3回まで送ります。それでも出頭しない場合は、交通警察は車のライセンスプレートまたは所有者の運転免許証を次の手続きのために登録部門に送ります。
 ベトナム道路管理WEBサイトhttp://dichvucong.gplx.gov.vn/default.aspx(注:このページは何か問題がありそうです。ブラウザが強制終了します)で車の使用者は運転免許ライセンスを入力して、違反の回数、タイプ、時間、日付などの詳細を入手できます。
 7日に1回しか召喚状が送られないので、知らないうちに違反件数が溜まってしまう可能性があるそうです。
Drivers not smiling for traffic cameras - News VietNamNet(2017/10/10)



車両の所有証明書
(2016/11/23)
 2017年1月1日から車両の所有権を使用者に移転していないと罰金となります。譲渡、販売した日から30日以内に所有権移転手続きを行わなければいけません。所有権移転が出来ていないと、個人の場合は10万ドン〜20万ドン、組織の場合は20万ドン〜40万ドン、車の場合は200万ドン〜400万ドンの罰金。
 その一方、重大な事故、移転手続きの際以外では、所有証明書の確認は行わなくなります。つまり普通の違反取締りで免許書のチェックのときに、所有証明書を見せろとは言われない。また、路上で交通警察が所有証明書のチェックのためにランダムに車両を止めることは許されなくなりました。
 所有者が変わっている場合は、2016年末までに所有権移転手続きをするようにとのことです。



新しい交通標識
(2016/11)
 2016年11月から新しい交通標識が有効となります。


夜間の最高速度
22:00-5:00は70km/h

 
左折禁止&Uターン禁止


従来のこの標識の場合は
Uターン可能

また新しい規則として、片側複数車線での右側からの追い越しはできることになりました。但し、一方通行でない道で片側1車線の場合は右側からの追い越しは今まで通りできません。

New national standards on Vietnam’s traffic signs effective this month tuoitrenews(2016/11/02)
 




バイク販売店
(2016/10)
 バイクを買う場所は各メーカーのディーラーとなります。HONDA、YAMAHA、KAWASAKI、SUZUKI、SYM、piaggioなどバイクは正規ディーラーで買いましょう。ベトナムでは正規に売っていない輸入車は、ホーチミン市1区のLy Tu Trong通り、5区のAn Duong Vuong通りなどに販売店が多くあります。
 An Duong Vuong通りのQUANG PHUONG店は大型店で在庫も豊富です。価格は店頭表示されていないのですが、Lazadaに出品しているのでここで価格など詳細を確認できます。Lazadaでは、タイ製のHONDA Clickやインドネシア製HONDA Vario、HONDA Dunk 50cc(約7000万ドン)、Honda Benly 50 cc (4670万ドン)などが見られます。


赤信号で右折は違反
(2016/10)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 ホーチミン市交通警察の次長がトイチェ新聞のインタビューに以下の通り答えました。「現行法では赤信号では全ての車は止まらないといけない、しかし次の3つの場合は赤信号でも右折できる。1.付属の右折信号が青のとき、2.右折許可の標識がある場合、3.信号の前に右折できるよう別の道が交通分離帯であるばあい。」、追加として、渋滞のときに警官が右折を許す場合もある。
 以上と違う状況で、赤信号のときに右折すると罰金となります。もし捕まるとバイクだと30万ドン〜40万ドンの罰金と1ヶ月から3ヶ月の運転免許証没収。車だと120万から200万ドンの罰金と1ヶ月から3ヶ月の免許停止。
 これは今に始まったことではなく、2008年の交通法施行からです。執行が厳しくなるとの噂もあります。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
というニュースが、Saigoneer(英語)とTuoitre(ベトナム語)に載って、日本人の間で話題となりました。「歩行者のことを考えていないから、赤信号で右折するようなことが行われるのだ」とう意見がいくつか散見されました。
 実情は、ベトナムには歩行者は存在しないことになってます(笑)。そしてバイクは進むことが善です。


信号の黄色は止まれ
(2016/8)
 2016年8月1日から有効となった政令(decree)46によると黄色の信号で走ると、バイクの場合30万〜40万ドン、車の場合は200万ドンの罰金となります。黄色で走るとはどういうことか不明瞭だと市民は苛立っていますが、司法省のディレクターは、政令の目的は黄色の信号で、スピードを上げるのではなく減速することを奨励するものだとしています。黄色になった時点で交差点の停止線を越えていればそのまま通過し、超えていなければ止まらなくてはいけないと言っています。

日本の道交法でも黄色は基本的に停止だそうです。
= 道路交通法 =
道路交通法施行令(全文) (総務省)
「第二条第三項」(信号の意味等)
黄色の灯火
一 歩行者は、道路の横断を始めてはならず、また、道路を横断している歩行者は、すみやかに、その横断を終わるか、又は横断をやめて引き返さなければならないこと。
二 車両及び路面電車(以下この表において「車両等」という。)は、停止位置をこえて進行してはならないこと。ただし、黄色の灯火の信号が表示された時において当該停止位置に近接しているため安全に停止することができない場合を除く。




Motorcycle rescue services JBR Vietnam Motorcycle
(2015/11)
 日本のバイク専門ロードサービス JBR Motorcycle株式会社が、ベトナムで2012年にJBR Vietnam Mortorcycleを設立し、現在2万人の顧客がいるそうです。予期していなかったガス欠、パンク、故障、水没、鍵の紛失などのトラブルに24時間体制で助けてくれます。例えば、ガソリンを持ってきてくれる、バイクをトラックで運んでくれる、現地で修理すてくれるなど。年会費はたったの15万ドン。HONDA,YAMAHA, Piaggio, Kawasaki、どこのバイクでも対応可能。
http://www.jbr-m.com.vn/



バイク保険 HONDA PLUS
(2015/6)
 2013年から売られているバイク保険です。先日HONDAの整備工場で点検してもらった時に、資料が置いてありました。ネットで調べると(但しベトナム語)、盗難、紛失、全損(火災、爆発)、事故に対して保険金が払われます。

保険料は、バイクの価格と何年使っているかで変わってきます。
2100万ドン以下のバイクだと新車(購入から45日以内)55万ドン/年、3年以内だと402000ドン/年。2100万ドン〜3100万ドンだと新車で75万ドン、1年以内だと656000ドン、2年以内だと59万ドン、3年以内で524000ドン/年です。SH150の新車だと187万ドン/年になります。取られやすいバイクなら加入する価値がありますね。

【開発ヒストリー】日本流サービス ベトナムで快走 伊藤忠商事の「バイク保険 ホンダプラス」+(1/5ページ) - MSN産経ニュース(2013/12/15)

道路使用料

バイクに対する道路使用料は廃止されました。
6月施行の新規定、バイクの道路使用料廃止など [法律] - VIETJOベトナムニュース(2016/6/10)

(2015/6)
 ホーチミン市では2015年4月から徴収開始のニュースがありましたが、未だの様です。7月1日からとの話もあるようです。

(2014/12)
 2013年1月からベトナム全国で道路使用料金の徴収が始まっています。しかし実際は、ハノイは2013年8月から徴収を開始しました。ホーチミン市は更に遅れて2015年1月からの予定となっています。
 「2013年1月1日から、100cc以下のバイクには年間5万〜10万ドン(日本円で200?400円)、100cc超のバイクには同10万〜15万ドン(400?600円)が課されることになった。また、自動車については11段階で規定しており、最低額は10席未満の個人車両に対する月13万ドン、最高額は27トン超の特殊車両やトラックで月104万ドンとしている。」
 そして、財務省は全国的に道路使用料を従来の1.5倍に増額する規定を出し、2014年11月3日から施行された。財務省の133号通達によると、100cc以上のバイクでこれまで一年分100000ドンだった使用料が、150000ドンに引き上げられた。100cc未満のバイクでは100000ドンを払うことになった。支払いの責任者はバイクの所有者で、徴収業務は町・村・地区の人民委員会が担当する。
HCM City proposes fines for late road fee payers - News VietNamNet(2014/12/28)
11月からバイクの道路使用料1.5倍に増額 - Vietnam News Liner [ベトナム ニュース ライナー] | 社会(2014/11/01)
バイクに対する道路使用料徴収へ [2013-07-17] | ベトナム株情報のポータルサイト ビナBIZ
ベトナムで道路使用料徴収、2013年1月1日から | レスポンス(2012/12/05)


HARLEY DAVIDSONのショールーム
(2013/12)
住所:800 Nguyen Van Linh, Tan Phu, Dist.7, HCMC(Thien Son Plaza 1階)
電話:+84 8 5411 2122
WEBサイト:http://www.harleysaigon.vn/ facebook:https://www.facebook.com/harleysaigon
 スシバーも移転してしまい、すっかり錆びれてしまったThien Son Plazaはオフィスビルになるのかと思ってましたが、なんとハーレーダビッドソンのショールームが1階に入りました。ニュースによると175cc以上のバイクの免許が普通の人でも取れるようになるそうで、それを見越して大型バイクのメーカーがベトナムにやって来ています。
 早速売り場を覗いてみましょう。7区によくある高級四輪車のディーラー並みの広さに二十数台のハレーダビッドソンのバイクが置かれています。こんな光景は初めてです。値札を見ると、10億ドンくらいのものが多いです。具体的には、FLHR ROAD KING CLASSIC(1690cc) が、965,405,600ドン(モノトーン)、989,276,800ドン(ツートンカラー)でした。因みに日本での価格はそれぞれ273万円、279万3000円です。やはり倍位の値段になってます。それでも5億ドン以下の小型で安めのバイクは、ほとんど売却済みになってました。バイクの他に皮のジャケットなども売っています。
写真はフォト蔵に。 Harley Davidson of Saigon のfacebookにも写真がいっぱい。
 お客さんが数人いて和やかな雰囲気です。隣のポルシェのショールームとは違います。


25.駐輪代
(2013/2)
 バイクの駐輪代は、1990年代後半の2000ドンから他の物価ほどには上昇していません。2013年現在3000ドン前後です。私の利用している一番安い所はホーチミン市1区の郵便局前で1000ドン。7区のスーパーマーケット(Lotte MartやCrescentmall)だと無料です。1区中心部だと5000ドンのところが多いです。高いのは5つ星ホテルの駐車場で10000ドン〜20000ドン。2013年のテト明け後、いつも利用しているスーパーマーケットMaximarkでスクーター(XE TAY GA)の駐輪代が4000ドンと、カブタイプのバイク(3000ドン)とはっきりと区別されて高くなりました。今後この動きが広がるかもしれません。

24.バイオ燃料E5
(2012/12)
 レスポンスの記事によると
「11月27日付のオンライン新聞ベトナムネットによると、同国のグエン・タン・ズン首相はこのほど、バイオ燃料導入のためのローマップなどを示した第53号決定を公布した。車両用ガソリンエンジンおよびディーゼルエンジンに使用する燃料における「バイオ燃料と従来燃料の混合比率」についても規定している。
 これによれば、ハノイ、ホーチミン、ハイフォン、ダナン、カントー、クアンガイ、バリアブンタウの計7つの省・中央直轄都市においては、2014年12月1日から、道路用車両向けに生産・販売されるガソリンを「E5ガソリン」(バイオエタノール5%混合ガソリン)にするとし、2015年12月1日からはベトナム全土に拡大するとしている。さらに、ハノイ、ホーチミン、ハイフォン、ダナン、カントー、クアンガイ、バリアブンタウにおいては、2016年12月1日から使用するガソリンを「E10」(同10%)にするとし、2017年12月1日からはベトナム全土に拡大するとしている。」
 引用が長くなってしまいましたが、E5は、ペトロベトナムグループ(PVN)が製造し、PV Oil、Petec、そして SaigonPetroが販売しています。2012年12月5日現在、ホーチミン市のPV Oilでは92-E5は23050ドン/リットルで、普通のガソリン92より100ドン安く売っています。ハノイ技術大学の研究結果によるとHONDAスーパードリームとFORD LaserでE5を使うと燃費がA92より5%良くなり、それでも車はよく走れるそうです(世間では燃費の悪化、出力不足、エンジンへの悪影響を心配する人が多いです)。
 実は間違えて92-E5を愛車のSPACYに入れてしまいました。最近エンジンの調子が悪く、アイドリング中にエンストしてしまう現象が頻発しておりエンジンの調整と掃除が必要なのですが、応急処置として92ではなく95を使ってしのいでいました。そこに92-E5を入れてしまい、その結果は92の時よりエンストしやすくなってしまいました。低速走行中にもエンストしてしまいます。エンストしないように走ると燃費は悪化してしまい環境にも悪そうです。

ベトナムネット-E5関連ニュース(英語)
http://english.vietnamnet.vn/fms/search/e5/index.html

23.バイクローン
JACCS
(2011/7)
 2010年7月から日本のJACCSがホンダのバイク購入にあたりローンを提供しています。2011年7月現在の金利は2.2%/月で、他の業者(2.6%や2.9%/月)より安いと歌っています。サイトでローンの支払いプランを検討できます。先ず購入する車種を決めて、頭金(20、30、40、50%のどれか)を決め、ローンの期間を6、9、18、24ヶ月の中から選択すると、支払い総額と毎月の支払額が表示されます。毎月の支払いは、銀行振り込みか現金払いのどちらか、担保は必要ありませんが支払いが終わるまでバイクの登録書はJACCSが預かり、コピーだけ購入者が所持できます。ローンが使えるかは書類を渡してから15分で審査完了するそうです。支払いの前倒しも可。

22.ヘルメット
ホーチミン:児童のノーヘル取締りを強化、4月10日から - [VIETJO ベトナムニュース](2013/4)
(2010/6)
 2010年7月1日からベトナムで販売される全てのヘルメットに新しいCR quality seal が貼られることになりました。今までのCSシールやRSシールに代わるもので、CSシールは7月1日で無効になります。CRシールは製造業者が当局のテストを受けていることを証明するもので、これにより消費者が市場に溢れる偽物、コピー商品を判別しやすくなります。
 現状では大きなヘルメット屋では規格にあったヘルメットと合わないヘルメットの両方が売られています。規格に合ったものの価格は大体10万ドン〜30万ドン。17000ドン〜60000ドンのものは規格に合格していないと思われます。安いヘルメットの原価は20000ドンかそれ以下ですが、規格に合ったものを製造する場合最低45000ドンはかかるそうです。安いヘルメットの材料はホーチミン市11区のHoa Hoa 通りで手に入り、誰でも組み立てて売ることが出来るそうです。トイチェ新聞がホーチミン市で31個のヘルメットを買ってきて、ホーチミン市の品質管理センターでテストをしました。31個のうち18個にはSTAMEQ(Directorate for Standards, Metrology and Quality)による品質基準に合っているとの証明が付いていました。テストでは71%(31個中22個)は品質基準に合っていませんでした。31個中の5個は偽の品質シールが貼られていました。
 ベトナムには5つの品質検査をする機関があり、ここで実施するテストに合格しないと売ろり出せないことになっています。しかし、合格のシールが付けられいても基準に合っているものは少なく、その原因は合格したあともその製造工程で作られているかどうかまで管理していないからだそうです。 また厳しいホーチミンの検査機関にはメーカーはヘルメットを持ち込まず、ハノイに持っていくそうです。また偽のシールは500ドンで買えるとのこと。

HONDAヘルメット
(2010/6/29 追記)
 ホーチミン市Ly Thu Trong通りのHONDA ディーラーでヘルメットを買ってみました。下写真の緑色のヘルメットが18万ドン。フード付のピンクのヘルメットは28万ドンです。製造が2009年11月なので、品質保証のシールはわかりにくいですがCRの様です。品質検査機関の一つQATEST3の表示があります。内側のクッション部分の造りがしっかりしているのでホールド感が良いです。18万ドン(約900円)と安く買えて安心です。





(2008/1)
 ヘルメットに、帽子の様な「つば」を付けるのが流行っています。普通のヘルメットに布製のつばを被せるもの(30000ドン〜50000ドン。写真)や、下部全周が広がっていて帽子の様な形をしたヘルメット(値段は普通のヘルメットとほとんど同じ)の2種類があります。ぱっと見るとヘルメットに見えず、柄によっては女性用の帽子に見えます。これをつけると日差しが顔に当たらないので、日よけに効果がありそうです。野球帽型のつばも売ってますので、男性でも使えるかも。
(2008/3)
 上記の後付けのつばが進化して、ついにヘルメットだか帽子だか外からでは分からないものが登場しました。帽子の中にヘルメットが埋め込まれています。キャップ型が主ですが、全周つば付きのハット型もあり、ただの帽子にしか見えません。ハット型の値段を聞いてみたところ、25万ドンとのことでしたので、ヘルメット+帽子の値段です。
 ヘルメット無着装の取り締まりが、これで困難になりそうです。
バイク規制関連ニュース
ホーチミン:児童のヘルメット着用推進、取締り強化も - [VIETJO ベトナムニュース](2012/9/14)

(2007/12)
 2007年12月15日よりバイク運転時のヘルメット着用が強制となります。12月初め現在、「違反すると罰金10万〜20万ドン」という横断幕があちこちに掲げられていますので、本当にヘルメット着用が義務化されるようです。前回2004年に一度義務化が試みられましたが(下記)、その時は基準を満たしたヘルメットの数が足りないという理由で、規則はキャンセルとなりました(本当の理由は、皆が無視したからかもしれません)。
 ヘルメットの値段は11月から12月になって値上がりしています。HONDAブランド(?)は17〜18万ドンが29万ドンに、Protecが16万5千ドンが21万5千ドンに、Amoroが9万5千ドンが15万ドンになっています。子供用台湾製は18万ドンが21万ドンです。

FUJINETベトナムニュース 2007/12/06より
★15日からヘルメット着用義務違反の処罰を始める:
 オートバイを利用する人のヘルメット着用を義務付ける政令によると、今月15日から交通警察は全国でヘルメット着用の違反を処罰し始める。ハノイ市公安によると、15日6時半から同市の交通警察がヘルメット着用の違反を処罰し始める。違反者は15万ドン(約1071円)の罰金を科せられる。また、一回目の違反でオートバイの登録証明書を、2回目で運転免許証を差し押さえるが、3回目の違反でオートバイを差し押さえる。(2007年12月6日、VnMedia 電子版)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
(2005/12)
 ハノイとホーチミン市での一人一台の規制は廃止されました。憲法違反の恐れがあるというのが廃止の理由です。

ヘルメット着用義務付け路線を拡大へ
(2004/12)
 ホーチミン市人民委員会はこのほど、新たに市内5路線でのヘルメット着用義務付けを決定した。今回追加された路線はフイン・タン・ファット通り(7区、ニャーベー郡)、カー・バン・カン通り(トゥードゥック区)、省道25号線、グエン・ティ・ディン通り(ともに2区)、村道11号(ビンチャン郡)、レ・バン・クオン通り(12区)の5路線。26日より施行される。これでヘルメット着用が義務付けられた路線は18路線に上った。
(トイチェー10日)
[The Daily NNA Vietnam edition]より転載 12/13http://nna.asia.ne.jp/
無料トライアル申込み、お問い合わせは
NNAタイ法人営業部まで。
TEL66-2-274-0346 FAX66-2-274-0351
E-mail sales@nna.co.th

(2004/8)
 ベトナム全国の都市の郊外で指定の国道ではヘルメット着用が義務づけられました。違反していると罰金約20000ドンで、その場からバイクに乗って走ることはできなくなります。

(2003/3)
 ホーチミン市で運転免許書とバイク登録書を持たずにバイクを運転している外国人旅行者は、5万ドンから10万ドンの罰金が課されることになると、ホーチミン警察の道路警察部門の長が言っています。今までは警察も見逃していました。仕事にバイクで通っている人も運転免許が必要です。

(2003/3)
 2月15日に発行された通達15号(3月上旬から発効)によると、オートバイのREAR-VIEW MIRRORS(バックミラー)を付けずに運転している者には、罰金を課すそうです。タイ、中国、ベトナム製のバックミラーは以前の3万−6万ドンから4万−8万ドンに値上がりしています。

(2003/1)
 1月13日発行のCircular02/2003により、オートバイの登録は1月28日以降一人一台に制限されました(ハノイは1月6日から)。ベトナム人がホーチミン市でバイクを登録するには、ホーチミン市の戸籍、運転免許証、バイク保険加入証明書が必要です。また外国人がオートバイの所有証明を得るには、滞在許可証、現地会社で働いている労働証明書(会社、HCMC外事サービス、または総領事館の証明が必要)と健康診断書、運転免許書の提示が必要になりました。運転免許書に関しては、運転試験を受けるかまたは母国の運転免許書を書き換えることができます。もちろん18才以上です。
 この規制によりハノイでは1月に入って、バイク登録台数が以前の1/10になっています。

ところで既に2台持ってる人はどうなるんでしょうか。

(2011 追記)
 その後しばらくして一人一台の規制はなくなりました。


交通警察に捕まって
(2011/2)
 ホーチミン市Phu Nhuan区をバイクで走っていると、交差点を越えたところで交通警察のおまわりさんに止められてしまいました。そのとき理由は分かりませんでしたが、そもそも無免許なのでアウトです。無免許でつかまるとバイク3ヶ月没収と聞いてましたので、これは面倒なことになりました。テト前にある日本人の方からSkypeのチャットで 「昨晩、初めて公安に無灯火で捕まりました。公安いわく無灯火400,000VNDとバイク登録書無し300,000VNDだとの事、すかさず100,000VNDを渡し無罪放免となりました。」と教えてもらっていましたので、なんとか金で片付けたかったのですが、金を出すタイミングが難しいです。とりあえずこちらは「日本語だけしか話さない」作戦でタイミングを計ることにしました。先ず、バイクの登録書を見せろと言っています(他の人の?登録書を見せてきました)。私はベトナム語が全くできないので、ジェスチャーで持ってませんと伝えます。次は免許書かパスポートを見せろとなりましたが、これも持ってません。じゃあ、この書類にサインをしてバイクを置いてタクシーで帰れと言っています。そしてバイクのキーを取り上げられてしまいました。しかし内容の分からない書類にサインはできません。「えーいやだよ、ここから家まで遠いし....」と日本語でうだうだ言って困惑しているふり、いえ実際困惑していたんですが、埒の明かない状態を10分くらい続けました。ところで何で止められたのか分からなかったので、手振りで私はあっちから真っ直ぐ走ってきただけだよと伝えたところ、警官は交差点の信号を指してドー、ドーと言っているようです。ドーとはサイゴンドー(サイゴンビール赤ラベル)のドー、つまり赤、赤信号だったのかと漸くわかり、そう言えば赤になるところだったような記憶がありました。そして警官の顔と表情を見ると誰かに似ている、それ程いやな奴ではないような気もしてきました。しかしここでサインをしてバイクを置いて帰ってしまっては、あとで困ります。その内、タイワン?と聞いてきたので、ジャパニーズと応えました(ここだけ英単語)。それ以上進展も無く、私はバイクの周りでぶらぶらして時間を潰していたところ、この交通警官が相棒の公安(緑の服)と何か相談したあと、なんとバイクの鍵を返してくれました。あっけなく放免となり、10万ドン渡すこともなく、軽く一礼してその場を離れることに成功です。20分くらいかかったかなあ。疲れました。以後信号には十分気をつけます。
(2011/3)
 上記に関連して、RHさんから下記ご報告をいただきました。

当職は自動車の免許もバイクの免許も所持しておりますが、それでも交通警察に捕まって罰金をとられることが多く御座います。今回、生活クラブに交通警察に捕まってという記事が御座いましたので、ご参考までに。

ケース1:

旧正月前にミエンタイバスターミナル付近の国道で自動車運転中に交通警察に止められました。
免許証と自動車の登録証、保険などを見せました。警察官は英語が少し出来たので止めた理由を聞いたところ、車線違反とのこと。走っているエリアで車線区分を現す標識を見落としていたのか、大型車の車線を小型車で走っていたとの事です。免許証を見せるタイミングで免許証入れに50万ドンを挟み込み、無罪放免。

ケース2:昨年の10月頃、市内を自動車運転中、フランス総領事館横のハイバーチュン通りで停車を命じられました。このときも英語の出来る警察官。すべての書類と免許証を見せましたところ、日本人なのか!と言われました。何か違反をしましたか?と聞いたところ、いや何も無いです、お気をつけてと解放されました。車を買ったばかりの時期だったので、新しい車を見つけて何か理由をつけて罰金でも取ろうとしたのでしょうか?外国人と知り面倒になり解放したと思われます。


ケース3:E-TOWNそばで自動車運転中、一方通行道路と気がつかず、10mほど逆送してしまい、警察官に捕まりました。
さすがにこれは私に非がありますので、素直に謝ったのですが、酒の臭いをプンプンさせた中年警察官の怒りは収まりません(旧正月明け直ぐの時期)。免許証に50万ドンをはさんで渡すタイミングも悪かったのでしょう。100数十万ドンの罰金ということで書類を書き、サインをさせられました。30分ほど粘って、外国人でよく道がわからないエリアだったため不注意でしたと謝罪し続けると、やや怒りが収まったのか、40万ドンの罰金が科せられる項目に書き換えてもらいましたが、車の登録証は取り上げられ、1週間後に警察に出頭して罰金を払って登録証を戻してもらいました。警察署では非常に感じの悪い女性警察官の対応もあり、不愉快でしたが、警察に反抗するとろくなことがありませんので、「Cam on (日本語で)このやろう」と言ってその場を去ることにとどめました。

ケース4:
旧正月中、自宅(ビンタン区)そばの道路でバイクを運転中に後ろから白バイが接近。止まれというので素直に停車。免許を見せろとかなり高圧的な態度。見せたところ、行ってよしとの事。止めた理由を聞きましたが、外国人の無免許を取締り中。あなたが外国人であることが直ぐにわかったので、一応確認のために停車させたとのこと。
確認とはいえ、白バイに停車を命じられたら気分が良いはずがありませんよね。
■交通警察(日本語対応可)はかなり厄介です。 : 清水一行のブログ(2012/3/22)
ホーチミンの交通事情……22《バイクの免許証がみつからない》: はたして、グラフィックデザイナー in ベトナム(2015/4/21)


8.交通違反の罰金
(2011/9)
 2011年9月半ば2週間の間にハノイで交通違反19000件が記録されました。その内1000件は飲酒運転でした。9月は交通安全月間のようです。飲酒運転の罰金は、息1リットルに含まれるアルコールレベルが0.25ml以上だと20万ドン〜600万ドンになり、運転免許書は取り消されることもあります。
 バイクでアルコールレベルが0.25〜0.4mlの場合、罰金は20万ドン〜30万ドンで運転免許書は警察が30日間預かります。更に濃度が高いと、罰金50万ドン〜100万ドンで免許書は警察が60日間預かります。車の場合はもっと厳しい罰則となり0.25ml〜0.4mlだと200万から300万ドンの罰金、0.4ml以上だと400万ドン〜600万ドンの罰金となります。免許書はバイクの場合と同じ期間警察が預かります。
 ハノイとホーチミン市の場合の罰金は以上の2倍の金額となります。


(2003/4 追記)
 正式に罰金を払うと、下(左)の書類を警官が作成して罰金の額が決まります。支払いが済むと下(右)の領収書?をもらえます。記念にとっておきましょう。
 因みに、下の領収書をもらえたのは、市場の近くの路上にバイクを停めて家内を待っていたら、いきなり警官が寄ってきて「車道にバイクを停めるのは違反だ」とのことで、近くの公安に連行されて2万ドンの罰金を払ったからです。バイクは、歩道に停めてもいいけど、車道には停めてはいけないそうです。

違反書類(サイズA4)
 
領収書(100×200mm) 

(1999/5)
 バイクを運転していて警察官にピピピー!と呼び止められたら、交通違反で罰金です。ピピピーを日本語に訳すと「お金をよこしなさい!」です。罰金は普通5万ドン。4万ドンしか持ってないときは4万ドンにまけてくれたりします。つまり、5万ドンという規則(法律での決り)はなく、単なる相場です。素直に払った方が無難でしょう。外人だから50万ドンなどと吹っかけてきた場合には、交渉(抵抗)してもいいと思いますが、免許証、バイクの証明書等を取り上げられないように注意しましょう。
 よく捕まる交通違反は、一方通行の逆走、信号無視です。


19.バイク購入と登録 
ベトナム人名義の場合
(2014/3)
 下記2006年に買ったSPACYがボロボロ、エンジンがかからない等などで乗り続けることを断念し、新しくHONDA VISIONを買いました。スタンダードバージョンで価格は税込みで2870万ドン。登録料など所経費は260万ドンでした。1区のHONDAのディーラーで購入してバイクはその日のうちに家に乗って帰りました。ナンバープレートは次の日に、住んでる地元の区の公安に行ってディーラーでもらった書類を渡して、ナンバープレートの番号を決めて(くじ引き)、プレートをもらいます(ここまでディーラーの人が手伝ってくれます。260万ドンに含む)。ナンバープレート以外の書類は、また別の日(約5日後)に取りに行きます。またナンバープレートを警察から出て直ぐのところで付けてもらいました。保険料もナンバープレート取付料もディーラーではらった2870ドンに含まれていました。

(2006/2)
 テト直前にNUOVOを盗まれてしまい、テト後にSPACY(ベトナム製、100cc)を5区にあるHONDAのディーラーで買いました。店頭表示価格は3080万ドン(1935USD)ですが、諸経費を含めて3275万ドン支払い、当日(金曜日)家に持って帰りました。この時点ではナンバープレートは付いていません。月曜日にディーラーに家内の書類を持っていき登録の準備をしてもらい、次の日に登録をする警察(42Bis Tran Dinh Xu St., Dist.1,HCMC)の近くのCafeで業者の人から提出用書類を受け取り、バイクを警察の構内に持ち込みました。車体番号でバイクを確認した後、2階で書類を提出し、ナンバープレートの番号を決めて(くじ引き)、1階に降りてそのプレートをもらいます(ここまで業者の人が手伝ってくれます)。ナンバープレート以外の書類は、また別の日(約2週間後)に取りに行きます。上記のほかに保険料65000ドンを支払い、またナンバープレートを警察から出て直ぐのところで付けてもらったら3万ドンでした。

(2003/8)
 YAMAHAのNUOVOを買いました。店頭表示価格は2600万ドン(1675USD)。これに車両資産税、登録手数料などが追加され2800万ドンになり、更に保険6万ドンが必要になります。名義は外国人では実質的に無理なので、家内の弟の名前を借りました。(家内は既に2台保有している為、新たに購入するには1台を売らなくてはいけません。) 店で2600万ドンと保険料6万ドンを払い、バイクは家にもって帰ります。次の日、弟の運転免許書、IDカード、戸籍を店に持っていき書類の作成をしてもらいます。3日後にナンバープレートをもらいに警察(42Bis Tran Dinh Xu St., Dist.1,HCMC)に行き、警察の前で待ち構えていた登録業者の人(買った店と提携しているようです)に100万ドンを手数料として渡し、提出用書類を受け取って書類とともに警察の建物の中に新しいバイクを持ち込みます。車体番号でバイクを確認した後、2階で書類を提出し登録料100万ドンを支払い、ナンバープレートの番号を決めて(くじ引き)、1階に降りてそのプレートをもらいます。ナンバープレート以外の書類は、また別の日に取りに行きます。

19−1.外国人のバイク登録
(2013/11)
 ホーチミン市在住の日本人 I氏より、「ヤマハ NOUVO SX GPを新車で購入しましたが、車体以外でかかった費用は保険・ナンバー取得費用で370万ドンでした。」との情報を頂きました。外国人でもバイクの登録ができたそうです。但し、バイクディーラーの大型店(例:ヤマハタウン)でないと外国人向けサポートが出来ないそうです。

必要だったものは
・ワークパミットの公証コピー
・パスポート
・在留許可書の公証コピー(多分、普通のコピーでも可)
・会社のライセンスの公証コピー
・会社の紹介状

(2004/10)
 2003年の3月から外国人のバイク登録はできなくなったという情報があります。2003年4月以降に登録した方がいましたら、ご連絡下さい。またVLC情報掲示板に下記投稿がありました。

No.19-3
投稿日: 2004/10/26(火) 14:16
 先日YAMAHAにNOUVOを買いに行ったところ外国人は登録できないと言われました。
パスポート、免許証、滞在許可証、労働許可証と揃えて行ったのですが、今年から規
則が変わって外国人の名前では登録できなくなったとのこと。YAMAHAの2ヶ所
(CMT8,DONG KHOI)で確かめましたが同じ答えでした。これもバイク登録制限の結果
でしょうか。



19−2.NUOVO その後
(2004/8)
 NUOVOを買って1年経ちました。その間にあった故障などの記録です。日本のメーカーのバイクだから故障とは無縁かと思ってましたが、そうではありませんでした。ハンドルが、外れかかったのには驚きです。Sindy50でガソリンを噴出しながら走ったのと同程度に危険な状態だったと思います。部品は日本製でも、組み立てがベトナムの工場でベトナム人が行っているのだから、仕方が無いのでしょうか。それともバイクというのはこんなものなのでしょうか。

月日 事例
8/2 NUOVO購入
数ヵ月後 エンジン近くに張ってあるゴム板が剥がれかかる。剥がれ落ちはしないが直らない。
1/4 ヘッドライトが点かなくなった。ハイビームにすると点くので、それで乗っていたが数日後にはハイビームもつかなくなった。
電球を交換。4万ドン。
4/4 レストランに入るのにバイクを預けておいたら、帰りにパンクしていた。誰かが釘を刺したらしい。
6月 ハンドルがガタつくので近所の修理屋で診てもらったら、ハンドルが外れそうで非常に危険な状態だと言われた。YAMAHAの修理場へ直行。
ハンドルの軸?を締めなおし。
7月 またヘッドライトが点かない。ただしハイビームにすると点く。
11月 電動スターターでエンジンがかからなくなったので、点検。バッテリー液補充。
12月 ハイビームも点かなくなったので電球を交換。電球代5万ドン。最近エンジンがかかりにくいことがある。
2005/2 左のブレーキレバーを握った状態で、電動スターターが作動しなくなった。スイッチが壊れている。修理に行ったが交換部品がない。
2005/10 スピードメーターが動かなくなった。
2006/1 家の前に停めておいたら、盗まれました(涙)。

2005/10
月に一度は電動スターターでエンジンがかからなくなり、バッテリーを充電しなくてはならない。バッテリーを交換すればいいのだろうが、問題はバッテリーでなく、足でキックしてもエンジンがなかなか(実はほとんど)かからないことです。

2006/1
 テト前に家の前に置いておいたNUOVOが盗まれました(涙)。
 

16.バイクの免許証
(2002/10 2004/2改訂)
 日本人の皆さんは当たり前のようにバイクに乗っています。運転免許証は持ってるのでしょうか。今さら尋ねるのも気が引けるし、実は聞くのも恥ずかしいことかしら?と実はみんなが思ってます(笑)。答えは、「みんな無免許です」。つい数ヶ月前まで(2002年)、車・バイクの免許は、たとえ取得してもビザの期限内しか有効ではなく、ビザを更新すると免許も更新する必要がありました。6ヶ月マルチビザで滞在していると、半年毎にビザと免許を更新しなくてはなりません。金がかかるというより面倒くさい。で、ほとんどの人は免許証は取っていません。まれに持っている人がいますが、試験を受けて取ったたのではなく、誰かに頼んで取ってもらったとうことがほとんどです。
 さて2002年7月のニュースに載っていましたが、現在は規則が変わりまして、「書き換え元の外国の運転免許証の有効期限に順ずるようになった。」ようです(注:2006/6に変更されました。下記参照)。そうです、有効期限だけでなく、最初の取得も自国の運転免許証を書き換えればOKなんです。必要書類は、日本の免許の公証コピーと日本語訳w/公証スタンプ、パスポートと査証の公証コピー等、そして会社の代表者(またはthe departments of Planning and Investment、または通っている大学などの学校)のハンコが必要です(省によって違うかもしれません)。残念ながら登録された会社で働いるか、学校に在籍していないと書き換えはできないのです。
 結局、人によっては免許証を取ることは難しいのですが、無免許で事故を起こした場合、いろいろ面倒なことになりそうですし、海外旅行傷害保険も無免許で乗って起こした事故の怪我は保証してくれません。免許を持っていない人は、くれぐれも事故を起こさないように安全運転で走りましょう。因みに50ccのバイクは免許不要です。
 また、交通事故の増加に伴い、免許証の携帯の確認を交通警察が強化しているとのニュースもあります。

(2006/7 改訂)
 今回の交通法規改正は、ベトナム国運転免許有効期限が発行日から3年以内になった事と改正前は日本国の普通自動車免許を切替えると普通自動車免許(B1)9人乗り以内・重量3.5t以内の車種でしたが改正後から普通自動車免許(B1)と付随車1台含む普通自動車免許(B2)9人乗り以内・重量3.5t以内の車種の2種取得出来ております。

日本の普通自動車免許のみをベトナム国運転免許に切替えても普通自動車免許(B1)9人乗り・重量3.5t以内しか取得出来ませんので2輪車は運転出来ません!

ホーチミン市のTTV社に頼むと日本国運転免許を元にベトナム国運転免許へ切替えが出来るそうです。
興味のある方は、直接コンタクトしてみて下さい。連絡先 motoito@muse.ocn.ne.jp
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
[日本の普通自動車免許と二輪車免許(小型二輪・普通二輪・大型二輪)所持の方]
  ベトナム国B1普通自動車免許とA1(51cc〜175cc)二輪免許の2種取得可能:料金USD500

[日本の普通自動車免許と原動機付自転車免許併記所持の方]
  ベトナム国B1普通自動車免許とA1(51cc〜175cc)二輪免許の2種取得可能:料金USD500

[日本の原動機付自転車免許及び二輪車免許(小型二輪・普通二輪・大型二輪)所持の方]
  ベトナム国A1(51cc〜175cc)二輪免許取得可能:料金USD500

1.原動機付自転車併記が無い日本の普通自動車免許の場合はベトナム国B1普通免許のみでA1二輪免許を取得出来ません
2.切替え後のベトナム国免許証有効期限はベトナム国運転免許証発行日から3年となります(2006/06改正)
3.ベトナム国運転免許へ切替えは約4週間程です
4.有効期限終了後に更新が可能です

バイク 次のページ

トップページ