不動産・賃貸情報



Officetel
(2017/5)

 Officetelが流行っているそうです。○○○telのtel は電話のTelではなくて、Hotelのtelの様です。つまりオフィスとして使う部屋なんですが、ベッドがあって泊まれる部屋です。広さは25〜50uで価格は66,000〜150,000USD(賃料は600USDくらいから)。キッチン、バスルームが付いていて、一見スタジオタイプ、または1LDKのアパートに見えますがオフィスとして使います。高級アパートのセキュリティや施設(プールやジムも)、そして24時間事務所として使えるのも魅力です。ベトナムに最初に登場したのは約10年前のThe ManorUで、最近人気が出てここ2年間で急激に増えています。2016年末にはホーチミン市に8,000戸、ハノイに1,000戸あります。Officetel市場はローカル企業に独占されていて、特にVingグループとNovalandが活発です。NovalandはSunrise Cityview、 Sunrise Riverside、 そして Orchard Parkviewで数百戸、更に18のプロジェクトにOfficetelを設けています。VingグループはハノイでVinhomes D’Capitale や Vinhomes Giang Voなどのプロジェクトの中でOfficetelを灰初中です。Officetelはスタートアップ企業など賃貸料を抑えたい企業に人気ですが、法律上の扱いが決まっておらず障害となる可能性があります。Offitelには50年の使用権しか与えられておらず、普通の住居不動産の無期限とは違います。しかしOfficetelへの投資は利回りが良いので、増え続けています。

Sunrise Cityview (District 7) has a flexible area of ??37-65m2, price from only 1.45 billion.


これを見るとベッドが壁に収納することが分かります

(2013/12)
 雑誌 MuaBanNhaDat 09-2010号の事務所特集号に載っていたホーチミン市のオフィスマップです。
ビル名の横カッコ内に書かれている数字は平方メートルあたりの賃料。但し、VATなどを含んでいる所と含んでいないところが混在しています。
↓クリックすると拡大します。




INDEXのページへ