1.西島大介のアオザイ通信
(2018/2)
 西島大介「ディエンビエンフー TRUE END」の単行本2巻が本日2月10日に発売されました。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
西島大介コメント
「本当の完結」を宣言しスタートした本作も、既に折り返し地点を越え、物語はこの第2巻で3分の2までを消化。
本巻のラストを飾る第12話の舞台は1973年2月の旧正月(テト)。
角川版でもIKKI版でも繰り返し描いた「冒頭のラストシーン」まで、残り1ヶ月というところまで物語は進行しています。
ヤーボ大佐の復活フラグを完璧に折って殺した1巻に続き、今回の2巻ではその息子たるティムが死闘の末に果てます。
全ての登場人物が死に絶えて、ようやくこの物語は完結を迎えるはず。
非情なる物語、その終焉までどうかお付き合いください。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
これを記念してこれを記念し『TRUE END』第1−3話がニコニコ静画で公開されています。
注意:niconicoへの登録(無料)が必要。そして「この作品には過激な暴力シーンやグロテスクな描写が含まれております」。絵はかわいいけど、内容はきついです。

(2011/3)
 小学館の青年誌「月刊IKKI」に連載されている「ディエンビエンフー」(1960年代のベトナム戦争の渦中において従軍カメラマンの少年とゲリラの少女の出会い、そして恋愛を描いた物語)の作者、西島大介のアオザイ通信が
http://www.ikki-para.com/aozai/index.html
で読めます。


2.Manga Zip
(2011/3)
http://www.mangazip.com/

週刊少年ジャンプ』(集英社)の連載マンガがなぜかZIP形式でアップされています。特に問題なくダウンロードできてしまいます。1話10MBくらいで数分でダウンロードできます。いいのでしょうか。


3.ベトナムのマンガ事情
(2014/6)
 最近書店で売られている日本のマンガは海賊版ではなくて、ちゃんと日本の版元と契約して出版されているものです。1992年にKIM DONG社が「ドラエモン」を発売して大ヒット、3ヶ月で30万部を売ったのが最初だそうです。2014年現在1冊20000ドン前後で売られています。日本のマンガだと、通常は2000部、流行っているマンガだと5000〜10000部売れるそうです。
 しかし、なんとマンガはネットで無料で読めるのでネット環境があるベトナム人の若者はマンガ本を買っていません。

VNSHARING.netの List of onlinecomicsでViews数の多いマンガ(2014/6)
Dragon Ball
BEELZEBUB
Fairy Tail
One Piece
Kami nomi zo Shiru Sekai
Toriko
Gantz
Noblesse
Detective Conan
10  Naruto

ベトナムに関するレポート ベトナムのコンテンツ(マンガ、アニメ、ゲーム)レポート : アジアトレンドマップ(2013/4)
あの漫画が流行っている?ベトナムの漫画事情 - Excite Bit コネタ(1/2)(2013/8)
■朝日新聞グローブ (GLOBE)|Webオリジナル マンガはいま [第1回] ベトナム・ハノイのマンガ事情 (2014/6/03)
Vietnam does not have a comic book “industry” - News VietNamNet
KIM DONG 出版社
Pham Thi Company ベトナムのコミックを出版
VNSHARING.netの List ofonlinecomics