旅行のとも、ZenTech > 海外旅行 地図 > タイ地図 > タイのクメール遺跡地図

カオ・プラ・ウィハーン遺跡地図


 カオ・プラ・ウィハーン遺跡(Khao Phra Wiharn)は、タイ東北部(イサーン地方)のシーサケート県にあるクメール様式の寺院跡遺跡です。この遺跡は「プレアヴィヒア寺院(Temple of Preah Vihear)」の名称で2008年に世界遺産(文化遺産)に登録されました。遺跡周辺の土地は、タイとカンボジアの国境が画定していない場所のため、カンボジアによる単独での世界遺産登録が発端となり2008年7月に紛争が発生し2010年7月現在でも両軍のにらみ合いが続いています。そのような理由から、カオ・プラ・ウィハーン遺跡へは立ち入ることができないのが現状です。この遺跡は、南北を主軸線として、タイ側から入り、第一楼門、第二楼門、第三楼門へと続く長い石畳の参道を経て標高657メートルのプラ・ウィハーン山の頂上に本殿があります。入口から主祠堂のある本殿までは約30分です。カオ・プラ・ウィハーン遺跡の創建は、カンボジアにあるアンコールワット遺跡よりも古く、9世紀末のヤショバルマン1世によって建設され、11世紀のスールヤバルマン1世の時代に現在の規模となったと推定されています。
 カオ・プラ・ウィハーン遺跡への公共交通機関はありません。シーサケートから南東へ約90キロメートル、ウボンラーチャターニーから南西へ約95キロメートルです。この2都市からタクシーをチャーターするのが一般的な交通手段となっています。交通費を安く抑えたい場合は、シーサケートもしくはウボンラーチャターニーからカンターララック(Kantharalak)までバスで行き、そこからタクシーやモーターサイを利用することも可能ですが、かなり不便です。
 
カオ・プラ・ウィハーン遺跡 地図(Map of Khao Phra Wiharn, Sisaket Province, Thailand)
 
地図データ 読み込み中 .......
 
ポップアップWindowが開き「このウェブサイトには別の Google Maps API キーが・・・」と表示され地図が出なかった場合は、こちらの「カオ・プラ・ウィハーン遺跡地図」をクリックし再読み込みを行って下さい。
 
この場所にタイ東北部にあるカオ・プラ・ウィハーン遺跡の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
 
カオ・プラ・ウィハーン遺跡(プレアヴィヒア寺院)と周辺のクメール遺跡および最寄都市
 

 
シーサケート県のクメール遺跡
プラーサート・プラウィハーン遺跡(プレアヴィヒア寺院)、 サ・カンペーン・ヤイ遺跡サ・カンペーン・ノーイ遺跡プランクー遺跡ドーントゥアン遺跡タレン遺跡
ページ先頭(カオ・プラ・ウィハーン遺跡地図)へもどる
旅行のとも、ZenTech トップページへ移動する。  Copyright © 1997-2017 ZenTech. All Rights Reserved.