旅行のとも、ZenTech > 海外旅行 お土産 > トルコ・キュタフヤ陶器

トルコ・キュタフヤ陶器部会にようこそ。

16世紀から17世紀にかけて、 キュタフヤ のキルン(窯)からエキゾチックな陶磁器が生まれました。今日でもその技術は受け継がれており、作業場を覗くと熟練した職人が乳白色の下地にコバルト・ブルーのパターンで知られるタイルやお皿、ボールを制作している姿を見ることができます。街中にタイルで装飾された建物があります。全面ブルータイル張りのモスクもあります。

昔、ソ連のサマルカンドでイスラミックブルーのモスクを見て以来 青い色が好きになりました。アラブ世界では、多くのモスクが青系の装飾タイルで飾られています。でも、異教徒がモスクに入れる国は少ない。トルコはモスクに入れます、礼拝の時間も追い出されることはありませんでした。タイルをたくさん見たので、欲しい欲しい病に罹りワザワザ、キュタフヤ(タイルの産地)まで買い出しに出かけたほどです。産地だけあって、たくさんのお店がありました。街中タイルで装飾されています。まぁ、イスタンブールのお土産屋さんにも売っているわけですがね。。。産地で買うから意味があると、自己満足の世界でありました。
 トルコへ行かなくても、日本でも手軽に買うことが出来ます。ガラタバザール(キムリ&オリエンタル雑貨)は、キュタフヤ陶器以外にも絨毯(キムリ)などたくさんの商品があるのでお薦めです。

丸タイル
小皿

旅のとも、ZenTech
Copyright © 1997-2018 ZenTech. All Rights Reserved.