旅行のとも、ZenTech > 海外旅行 お土産 > ヘレンド陶磁器(Herend)

ヘレンド陶磁器 にようこそ。

ヘレンド(Herend, Herendi pocelanygyar)は陶磁器製のディナーウェア、人形、ホームアクセサリーをデザイン・生産・販売しているハンガリーの企業、及び商品ブランド。
1826年に、ハンガリーの首都ブダペストから遠くないヘレンド村に、ショプロン出身のヴィンツェンツ・シュティングル(Vinzenz Stingl, またはシュティングル・ヴィンツェ・フェレンツ Stingl Vince Ferenc)により創業。以前から焼き物の盛んだったこの地帯は、16世紀からマヨルカ陶器の産地としても知られているが、シュティングルの掘っ立て小屋の様な会社はそんな恐れ多いものとはほど遠かった。
掘っ立て小屋経営から抜け出したのは、1839年にタタ (Tata) 出身のフィッシェル・モーリツ(またはフィッシェル・モール、モーリッツ・フィッシャー, Moritz Fischer, Fischer Mor(ic))が経営の手綱を握ってから。そのころはマイセンや中国産(今で言う骨董品)の高級陶磁器の修復会社であった。ヘレンドの名声を世に知らしめたのは、サルディニアの王が中国から持ち帰った陶磁器の食器セットの内、破損してしまったものの複製をヘレンドへ持ち込んだ事件がきっかけとなったからだ。一年近く実験を繰り返し、フィッシャーは破損した食器の複製に成功した。しかし、心配性の彼は言うなれば「偽物」である自分の作品に自信がなかったので、王に彼自ら作品を見せたいと願い出た。トリノの城に着いたフィッシャーは、本物の中国製陶磁器をテーブルに並べ、自分の作品は棚にしまった。王や従者たちが部屋に入ると、早速「偽物」の批評が始まり、ここがいけない、あそこが違うと批判した。しかし、フィッシャーが真実を明かすと、一本取られた王は素直に受け入れ、王を騙せるほどの作品を作ったフィッシャーを賞賛した。
この逸話とヘレンドの名が広まるとともに、フィッシャーは新しく自社製品のデザインを次々に世に送り出した。1851年ロンドン博覧会ではヴィクトリア王妃がウィンザー城のためにヘレンドに注文を入れた。中国風の絵柄に蝶の舞うデザインは、一般にも販売され「クイーン・ヴィクトリア」シリーズとして大変流行した。それからというもの、ヨーロッパ貴族の間では、ヘレンドの作品はなくてはならないブランド必需品となった。
上記解説文は、「ワイン - Wikipedia -」 より引用しました。
 
★★★ 楽天市場で ヘレンド陶磁器 を探す ★★★
ヘレンドERSラージカップ&ソーサー ヘレンドERSラージカップ&ソーサー
 
ヘレンドの中でも一部の職人のみが入れることのできるペインターのサインがカップとソーサーの裏に入っています。
◆ヘレンド(HEREND) ウィーンのバラ ティーカップ&ソーサー724 【SALE】 ◆ヘレンド(HEREND) ウィーンのバラ ティーカップ&ソーサー724
 
元はオーストリアの貴族であるハプスブルグ家専用のデザインでした。やさしい一輪のバラは愛のシンボルとして親しまれています。「美しさ」、「気品」、「かわいさ」の全てを兼ね備えたデザインです。
ヘレンド(HEREND) 清の花篭 兼用 カップ&ソーサー ヘレンド(HEREND) 清の花篭 兼用 カップ&ソーサー
 
1996年ハンガリー建国1100年を記念して製作されました。帯状の黄色のアクセントが全体を明るく引き締めていて、無駄のない完成されたデザインです。
インドの華・多彩色 コーヒーカップ&ソーサー706 ヘレンド インドの華・多彩色 コーヒーカップ&ソーサー706
 
インドの華は、日本の陶工である酒井田柿右衛門の影響を受けて作られた、1840年に発表されたヘレンドを代表するシリーズです。
ヘレンドカキエモン ラージカップ&ソーサー3364 ヘレンド カキエモン ラージカップ&ソーサー3364
 
へレンドお得意のシノワズリ(中国趣味)のひとつ、へレンドがシノワズリの磁器を持ち込んだのは19世紀、福禄寿を尊ぶ中国独特の柄をとりこんだ作品です。
ヘレンド人形 05325-0-00 MF タチミミバニー ヘレンド人形 05325-0-00 MF タチミミバニー
 
ハンガリーの名陶「ヘレンド」。ティーカップやプレートなどには飽きてしまったという方におすすめ!ヘレンドの人形はいかが?ギフトにもオススメです。サイズ:高さ10.5cm 5cm
ヘレンド ウィーンのバラ ラウンドボックス(ローズ)06033-0-09 ヘレンド ウィーンのバラ ラウンドボックス(ローズ)06033-0-09
もとはオーストリアのウィーン窯(現在のアウガルテン窯)でつくられていたもので、フランツ・ヨセフの美しい妃エリザベートにも愛されてたパターン。当時はハプスブルグ家だけで使われていたといいます。ウィーン窯が一時閉鎖した時にヘレンドに受け継がれ、以来ロングセラーに。ピンクで描かれたバラや立体的に配されたバラにグリーンのラインをあしらった図柄はとても高貴な可愛らしさに満ちており、見る人をとりこにするシリーズです。サイズ:直径7.5cm 高さ約8cm
◇ヘレンド インドの華 ティーカップ&ソーサー ◇ヘレンド インドの華 ティーカップ&ソーサー
やわらかなグリーンがヘレンドならではの美しさ。ナポレオン妃ウージェニがハプスブルク家フランツ・ヨゼフ皇帝を招待する晩餐会に用いたパターンといわれています。
ヘレンド ウィーンのバラ マグ 1729 ヘレンド ウィーンのバラ マグ 1729
ハンガリーのブタペストから南西へ110km、牧歌的な村の名前がヘレンドです。ヘレンド村の美しい草木をモチーフに、マスターペインターの称号を得た絵付師たちにより精細なタッチで作り上げられます。1800年代にはヴィクトリア女王も愛用したという、ハンガリーの誇る名声高い陶器のアートです。
ヘレンド アポニーピンク 00724-0-00/724 ヘレンド アポニーピンク 00724-0-00/724
ヘレンドのベストセラーです。ハンガリーの伯爵アポニーのあまりに急な注文に、名作「インドの華」をベースにして、少しシンプルに作られたのがこのシリーズです。単色の様式化された花柄は東洋の香りがします。アポニーシリーズは、全7色。このピンクのお色は“可憐”。気分に合わせてお好きな色をお選びください。
 
ページ先頭(ヘレンド陶磁器)へもどる。
旅のとも、ZenTech
Copyright © 1997-2018 ZenTech. All Rights Reserved.