ホーム > 世界の貨幣 > ペルー 紙幣

ペルー 紙幣 部会にようこそ。

趣味で収集したペルー紙幣の写真です。通販で買った「世界の紙幣 200種」という物の中に入っていました。
1980年代から1990年代前半にかけ、ペルーは深刻なインフレに陥り2度の大きなデノミネーションが実施されました。1度目は1985年で、それまでのソルを1000分の1にしてインティスという名前に変えました。このページで紹介している紙幣です。2度目は1991年で「百万分の一」デノミを行い、1,000,000インティスを1ヌエボ・ソルとしました。ヌエボ・ソル(nuevo sol:新ソル)は、現在も流通しており、一般的には「ソル」と呼ばれています。
現在ペルーでは、200・100・50・20・10ソルの5種類の紙幣と、5・2・1ソル・50・20・10センティモスの6種類の硬貨が使用されています。
 

 

10インティス紙幣(10 INTIS, DIEZ INTIS)
表:リカルド・パルマ(RICARDO PALMA:作家)の肖像
10インティス 表面
発行:ペルー中央準備銀行、印刷:イタリア国立印刷造幣局
裏:農作業風景(鋤で土をおこす人、綿花の摘み取り)
10インティス 裏面
発行年:1987年6月26日、サイズ:151 X 75.5 mm、透かし:リカルド・パルマ
50インティス紙幣(50 INTIS, CINCUENTA INTIS)
表:ニコラス・デ・ピエロラ(NICOLAS DE PIEROLA:1839〜1913年、政治家・ペルー大統領)の肖像
50インティス 表面
発行:ペルー中央準備銀行、印刷:ブラジル国立印刷局
裏:石油掘削作業(空にはヘリコプター)
 
50インティス 裏面
発行年:1987年6月26日、サイズ:149.5 X 75 mm、透かし:ニコラス・デ・ピエロラ
500インティス紙幣(500 INTIS, QUINIENTOS INTIS)
表:ホセ・ガブリエル・コンドルカンキ(JOSE GABRIEL CONDORCANQUI TUPAC AMARU II)の肖像。自称「トゥパク・アマル・2世」、インカ帝国最後の皇帝トゥパク・アマル(古代インカ語で「輝ける龍」の意)の末裔と称し、植民地時代のペルーにおける反乱事件の指導者です。ペルーにおける民族英雄です。
500インティス 表面
発行:ペルー中央準備銀行、印刷:ドイツ連邦印刷局
裏:ナスカの地上絵(シャチ もしくは 人喰いイルカ)、アンデスのトレッキング風景(ペルー最高峰のワスカラン(標高6768m)と登山家)
 
 
 
500インティス 裏面
発行年:1987年6月26日、サイズ:150 X 75 mm、透かし:ホセ・ガブリエル・コンドルカンキ
1000インティス紙幣(1000 INTIS, MIL INTIS)
表:マリスカル・アンドレス・アベリーノ・カセレス(MARISCAL ANDRES AVELINO CACERES、1836〜1923年、軍人・ペルー大統領)の肖像
1000インティス 表面
発行:ペルー中央準備銀行、印刷:THOMAS DE LA RUE AND COMPANY LIMITED
裏:チャン・チャン遺跡(RUINAS DE CHAN CHAN)
西暦1100年頃からインカに征服されるまで栄えたチムー王国の都市遺跡、世界遺産に登録されています。
1000インティス 裏面
発行年:1988年6月28日、サイズ:151 X 75 mm、透かし:マリスカル・アンドレス・アベリーノ・カセレス
5000インティス紙幣(5000 INTIS, CINCO MIL INTIS)
表:ミゲル・グラウ(MIGUEL GRAU、1834〜1879年、ペルー海軍提督)の肖像
5000インティス 表面
発行:ペルー中央準備銀行、印刷:ギーゼッケ&デブリエント株式会社
裏:漁業(漁網を扱う人々と漁船)
 
5000インティス 裏面
発行年:1988年6月28日、サイズ:150.5 X 75 mm、透かし:ミゲル・グラウ
 
サイト内のペルー関連コンテンツ
 
ページ先頭 (世界の貨幣 ペルー紙幣) へ戻る。

旅行のとも、ZenTech トップページへ移動する。   Copyright © 1997-2012 ZenTech. All Rights Reserved.