ホーム > 世界の貨幣 > 中国 人民元 紙幣を拡大

中国 人民元 紙幣部会にようこそ。

100元 人民元 紙幣を拡大して見てみましょう。
 
周知の如く中国はコピー天国。ご多分に漏れず人民元紙幣もその対象らしい。ガイドブックにも「ニセ紙幣に注意しましょう」と書かれているくらいである。 買い物をして100元札を出すと「そんなにシゲシゲ見なくても」と言いたくなるくらいチェックされる。構えの大きな店なら必ずレジの下に紫外線式紙幣判別機を備えていた。
なので中国人民元紙幣の偽造対策技術は凄い。対策技術てんこ盛り。世界でもトップレベルだと思います。
 
中国のコイン・硬貨中国の紙幣100元紙幣をよ〜く見る
 

 

100元 人民元 紙幣(1999年)
表:毛沢東(漢数字の背景の花は、牡丹の模様) 裏:人民大会堂(中央上の模様は、万人礼堂の天井
100元 表 100元 裏
 
拡大して見てみましょう。
@ 中国 国章 国章。立体印刷。  国章の解説。駐日本 中国大使館HPより:
中華人民共和国の国章の真ん中は五星の輝きの下における天安門であり、周りは谷穂と歯車である。
 谷穂、五星、天安門と歯車は金色で、円環内の底色とリボンは紅色で、金色と紅色は中国で吉祥と喜慶を象徴する色である。天安門は帝国主義と封建主義を反対する不屈の民族精神を象徴し、歯車と谷穂は労働者階級と農民階級を象徴する。五つの星は中国共産党の指導の下における人民の大団結を象徴する。
 
ZenTech補足:
 4つの小星はそれぞれ労働者・農民・知識階級・愛国的資本家を表わします。
 星については別の意味もあるようです。大星は中国本土を、4つの小星はそれぞれ満州・モンゴル・ウイグル・チベットを表わすとも言われます。 小星は漢民族以外の民族です。つまり漢民族の指導(支配?)下にあるとも言えます。満州以外は現在でも独立運動があったりします。
A マイクロ文字 国章の横には、「100」。100の数字内に
マイクロ文字で 'RMB100'。
RMB = Ren Min Bi で中国通貨単位 人民幣の横文字。
 
100の数字にかぶるように印刷されている「中国人民銀行」は
立体印刷。
B 通し番号
通し番号
○型マークは表裏面併せて穴銭に見えます。 立体印刷(緑色)100の数字
表面
裏面
透かして見ると
穴銭
C セキュリティスレッド 紙幣の中にセキュリティスレッド(安全線:帯状のもの)が
すき込まれています。
透かしてみると帯の中に 'RMB 100' と書かれています。
D 盲人用紙幣識別マーク 盲人用100元紙幣識別マーク。もちろん立体印刷。
I 潜像 楕円の中に潜像があります。
見る角度で数字「100」が見えます。
 
左:普通に見たところ。肉眼ではほとんど見えません。
右:モニター上で見えるように画像処理を掛けました。
E 微細な立体印刷 100の数字の立体印刷。
100元紙幣の各所に100という数字が印刷されていますが、
ここだけ数字の中にマイクロ文字で100が書かれています。
立体印刷でもここまで精度があるんですね。
F マイクロ文字 ぱっと見ると薄いピンク色の帯はマイクロ文字で出来ています。
 
'RMB100'が横四段。
その下に'人民幣'で横一段。「ノ+巾」は、幣の簡体字。
G 網目の文字 100元紙幣の裏面の上辺・下辺ともに
縦/横線の編み目を使って 'RMB100' と書かれています。
H 5種類の表記
ZHONGGUP RENMIN YINHANG (中国語発音のアルファベット表記)
モンゴル語 (モンゴル文字) チベット語 (チベット文字)
ウイグル語 (アラビア文字) チワン語 (アルファベット表記)
 

 
ページ先頭 (世界の貨幣 中国 人民元 紙幣) へ戻る。

旅行のとも、ZenTech トップページへ移動する。   Copyright © 1997-2012 ZenTech. All Rights Reserved.