旅行のとも、ZenTech > 世界の空港 > フィリピンの空港 > ルソン島の空港 > マニラの空港

ニノイ・アキノ国際空港


 ニノイ・アキノ国際空港(Ninoy Aquino International Airport, IATA: MNL)は、フィリピンの首都マニラ(Manila)近郊にある空港です。文章に書くときは、英語表記のアルファベット頭文字から「NAIA」と表記されることもあります。マニラ中心部から南へ約7km、マカティ・シティ(Makati City)から南西へ約5kmの場所で、パサイ市(Pasay City)とパラニャーケ市(Parañaque City)の境界部分に位置しています。ニノイ・アキノ国際空港は、かつては「マニラ国際空港」という名称でしたが、1983年8月に亡命先のアメリカから帰国した時に、この空港内で暗殺されたベニグノ・アキノ・ジュニア上院議員を祈念して、現在の空港名に改称されました。ニノイ・アキノ国際空港は、フィリピンへの旅行者にとって主要な空の玄関口となっている空港であり、全てのフィリピンの航空会社(フィリピン航空(Philippine Airlines)、セブ・パシフィック航空(Cebu Pacific)、ゼスト・エアウェイズ(Zest Airways)、エアフィル・エクスプレス航空(Airphil Express)、サウス・イースト・アジア航空(South East Asian Airlines))のハブ空港となっています。空港は、フィリピン運輸交通省が管轄するマニラ国際空港公社(Manila International Airport Authority = MIAA)によって運営されています。
 このニノイ・アキノ国際空港はマニラ首都圏で唯一の空港ですが、パンパンガ州アンヘレス市(Angeles City, Pampanga)近郊のクラーク経済特別区にあるクラーク国際空港(ディオスダド・マカパガル国際空港)もマニラ地域への旅行に使うことが出来ます。クラーク国際空港は、ニノイ・アキノ国際空港よりも着陸料が安いため格安航空会社が多く乗り入れています。
 このマニラにあるニノイ・アキノ国際空港は、フィリピン最大の空港です。2009年の統計によれば、年間旅客数は対前年比11.4%増で過去最多の24,108,825人、航空機の離着陸回数は205,246回、航空貨物取扱高は355,149トンとなっています。
 
名前:ニノイ・アキノ国際空港 / フィリピン語(タガログ語):Paliparang Pandaigdig ng Ninoy Aquino / 英語:Ninoy Aquino International Airport
 
所在地:マニラ
エリア:空港からマニラ中心部まで約7キロメートル、バコール(Bacoor)まで12キロメートル、カヴィテ・シティ(Cavite City)まで14キロメートル、カランバ(Calamba)まで36キロメートル、マロロス(Malolos)まで43キロメートル、アンヘレス・シティ(Angeles City)まで84キロメートル
 
ニノイ・アキノ国際空港 地図(Map of Ninoy Aquino International Airport, Manila, Philippines)、ニノイ・アキノ国際空港 詳細地図
 
地図データ 読み込み中 .....
 
ポップアップWindowが開き「GoogleマップAPI・・・」と表示され地図が出なかった場合は、こちらの「ニノイ・アキノ国際空港 地図」をクリックし再読み込みを行って下さい。
 
この場所にフィリピンの首都マニラにあるニノイ・アキノ国際空港の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
マニラ地図
 
交通機関:クーポン制のタクシー、路線バス(空港~パラニャケ市~パサイ市バクララン~マカティ市アヤラ~ケソン市クバオ)、空港から2キロメートルの場所にマニラ・ライトレール(LRT-1線)のバクララン駅(Baclaran station)があります。
 
空港ターミナル:第一ターミナル、第二ターミナル、第三ターミナル、国内線ターミナルの4つの旅客ターミナルがあります。第一ターミナルは海外の航空会社が、第二ターミナルはフィリピン航空、第三ターミナルはフィリピン航空以外のフィリピンの航空会社が利用しています。
 
ニノイ・アキノ国際空港に就航している航空会社と就航都市
日本への直行便:東京(成田空港)へは日本航空(JAL)とフィリピン航空とノースウエスト航空が、名古屋(中部国際空港)へはフィリピン航空とノースウエスト航空が、大阪(関西空港)へはフィリピン航空とタイ国際航空が、博多へはフィリピン航空が就航しています。
 
滑走路:3,737m×60m(アスファルト舗装)、2,258m×45m(アスファルト舗装)
IATA空港コード:MNL
ICAOコード:RPLL
 
空港税:550ペソ(2才以下は免除)
両替:両替所は税関を出たところにある。出国審査の手前に銀行窓口、出国手続き後に、両替所が1ケ所。再両替には両替時の両替証明書が必要。
 
ホームページ:ニノイ・アキノ国際空港(英語)
 
マニラ空港周辺のホテル
 
マニラに関するコンテンツ
マニラのホテル(HotelClub)
マニラ ホテル予約
 
ページ先頭(フィリピンの空港:ニノイ・アキノ国際空港)へもどる
旅行のとも、ZenTech トップページへ移動する。  Copyright © 1997-2013 ZenTech. All Rights Reserved.